スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キノコになりきっている
2007.09.26 (20:10) 店主Aのprecious
9-24a.jpg


行きと同じ道ではつまらないからと、回り道をして帰宅する途中、
山中の路傍で鬼太郎のお仲間に遭遇。
話しかけてみましたが、昼間はキノコになりきっているらしく返答はなし。
手前はどうやらカップルのようです。


なんて大きなキノコ!!・・・“もののけ”みたいでした。
スポンサーサイト
木を描いた絵本
2007.09.20 (16:32) 店主Aのprecious
「木を描いた絵本」

一口に「木を描いた絵本」といっても、テーマは、
自然科学、生命讃歌、擬人化したお話、民話や伝説、環境問題・・・など様々で、
古今東西、数えきれない程の作品が出版されています。
プレシャス・ブックスでも「はるにれ」や「あるきだした小さな木」、「おおきな木」など、
様々な作品をご案内してきました。
これまでに販売した本の記録を確認してみたのですが、
タイトルに木という文字が入っている作品だけでも、35冊を超えていました。
もちろん、洋書なども含めると、もっと数が増えるはずです。
うちが扱っている和書はほとんどが古書なので、縁があった本しか入荷できないのですが
それでも、知らず知らずのうちに、こんなにたくさんの 「木を描いた絵本」を
ご案内していたのですね。



今まであまり深く考えたことはなかったのですが、
私はどうも“木”というものに、ささやかながら思い入れがあるようなのです。
子供の頃にもよく木を絵を描いていましたし、
近所に“お気に入りの木”があったり、
何かを作る時も、木のモチーフが好きだったりします。

とにかく、木はきれいだなと感じます。
全体のフォルムもきれいですが、
木の枝も、葉っぱも、木目も、年輪も、どこの部分もきれいです。
見ているだけでも落ち着くし、そばにいると気持ちがいい。。。

どうしてそう思うのかは・・・?・・・不明です。
今まで、理由なんて考えたことがありませんでした。

人間も動物なのだからやはり自然が一番!・・とか
コンクリートよりも、木が落ち着くとか・・・とか
単に、そういう一般的な理由かもしれません。

けれども、もしそうなのだとすれば、
木に思い入れがあるというのは特別なことではなく
人間であれば誰もが持っている普遍的な感覚なのかもしれませんね。

もともと木はあらゆる動物にとって、必要不可欠な存在なのですから。
それなくしては生きられないものに、愛着を感じないわけがありません。
時代や国境を超えて木の絵本がこんなにたくさんあるのも、
至極当然なことなんですね。

 


とにかく、理由はどうであれ理屈抜きに「木はいいなあ」と思います。
そして、そういう気持ちを素直に描いた
「木はいいなあ」という絵本が、特にお気に入りです。

木はきれいだなあ、やさしいなあ、たのもしいなあ・・・
世界中の人が抱いたそんな気持ちから、数々の名作が生まれました。

なんかいいことあるかも・・・
2007.09.16 (10:52) 日々のたわごと
ただいま午前12時40分。
横になる前に窓の外を見たら、あまりにも星がきれいだったので
そのまま寝てしまうのがもったいなくなって、
ちょっとだけ外に出てきました。

田舎とはいえ、街灯もついているし、家の明かりもありますが、
それでも、天の川が見えるほどのきれいな星空でした。
今日はよく晴れましたし、新月を過ぎたばかりで月明りの影響がなかったんです。

流れ星も、3つ見ました。

なんかいいことあるかも・・・

だけど明日は、間違いなく寝不足だわね。
PURE BOOKS開催のいきさつ
2007.09.10 (21:36) 思いつれづれ
引っ越し騒ぎが一段落した頃から、
イベントのことを少しずつ考え始めていました。
ところが、東京から離れたところに移ってきてしまったので、
何をするにも前回のようにはいきません。
会場を探したり、実際に下見に行ったりもして、準備を進めてはいたのですが
なかなか具体的な予定を立てられずにいました。

そんなある日、モダン・クラシックさんから今回のイベントへのお誘いをいただき、
渡りに舟のようなかたちで、参加させていただくことになりました。
モダン・クラシックさんが考えていらっしゃったイベントのコンセプトが
プレシャス・ブックスの考えていたことと、とても近かったのです。
(詳しくはDMの裏面をご覧ください。)

実は、モダン・クラシックさんとプレシャス・ブックスには、特別なご縁があります。
“女性向けの本”を担当されているカヨさんとは、
プレシャス・ブックスの、初期の頃からのお付き合いなのです。
以前、“旅先で出会った絵本たち展”を開催した際にも、
遠方からわざわざご来場くださり、
ご自身のBlogに素敵なレポートを掲載してくださいました。

http://frea-far.com/zakka/precious_books/photo-pb.htm

またカヨさんは、「JAVA 動物実験の廃止を求める会」の
アクションメンバーで、大の犬好き。
クロッキーのことを、いつもあたたかな目で見守ってくださっています。
数年前、そんなカヨさんも古本屋さんになり、思いもよらず同業者になったのでした。
今回のイベントは、そんなありがたいご縁からスタートしています。

ちなみに、イベント会場に決まったギャラリー[hako]のオーナーご夫妻も
大の犬好きで、可愛いフレンチ・ブルドッグを飼っていらっしゃいます。
下見に伺った時、「私たち“犬ばか”なんです」とおっしゃっていました。
私も時々「犬ばかです」と自己紹介することがあるのですが、
自分以外で、自らを“犬ばか”という人に初めて出会いました。
いろいろお話を伺ってみると、旅が好きで、特にポルトガルが好き・・・
なんだかもう思いっきり通じるものを感じて、
初対面なのに思わず話が弾んでしまい、
その時からずっと「いいイベントになりそう・・」という予感がしています。

何かやろうと思った時に、タイミングよく“いい縁”が続くのは、
「とにかく進め!」の合図です。
一時はイベント開催を断念することも考えましたが、“いい縁”のお陰で、
とにもかくにも実現にこぎ着けました。

オーナーご夫妻の感性が、隅々にまで行き渡っている素敵なギャラリーです。
お時間がとれるようでしたら、是非、お越しくださいね。

もちろん!  素敵な本もいっぱいありますよ。(笑)
台風一過
2007.09.07 (00:19) 日々のたわごと
朝起きて窓の外を見てみたら、
家の南側にあった桃の木が根こそぎ倒れていました。
育てていた花たちも、見るも無惨な姿に・・・(泣)
風がおさまったら、今日は一日外仕事になりそうです。

ここは台風の通過地点だったので、昨夜の風雨は凄まじく、
家の前でも、植木鉢がひっくりかえったり、車の上に枝がかぶさったり、
どこかから何かが飛んできたりしていましたが、
外で起きていることはもうお手上げ。
その上、断続的に停電があったので、
デスクワークも断念して、ろうそくを灯しました。

電気が使えないといろいろ不便ですが、
なんだかいつもよりも時間がゆっくり流れているような気がして 、
気持ちもゆったり・・・読書や手縫いの仕事が進みました。
(被害の心配がないからなんですけどね)

ラジオもつけなかったので、
風や雨の音も、しっかりと、はっきりと、聞こえてきました。
外から聞こえてくるいろんな音に、犬と一緒に耳をそばだてながら、
騒がしくて静かな嵐の夜が、ゆっくりと過ぎてゆきました。

ーーー

先ほど被害状況が明らかになりました。
なんと、倒れた桃の木が我が家の車を直撃。
ボディーが一部凹んでいました。(泣)

「うちの車がベンツじゃなくてよかった~」と
がばいばあちゃんのようなことを言ってみる私。

「べつにドアが凹んでたって、車は走るさ」と
気にもしていない様子の店主B。

脳天気な持ち主をよそに、心配して次々と声をかけてくださる
ご近所の方々。

あーだこーだ言っているうちに、
桃の木の持ち主であるこの家の大家さんがやってきて、
修理代を払ってくださることになりました。

うちのポンコツ車にお金を払ってもらうなんて気が引けますが、
とりあえず、一件落着。
持ち主よりも、ご近所さんたちの方がホッとしている様子でした。(苦笑)

うちの車がベンツじゃなくて、本当によかった~。修理代安上がりだしね。
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。