スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猛犬に注意
2008.03.26 (23:31) 日々のたわごと
08-3-26.jpg

これから友だちになる犬 ・・・
いつも、ものすごい勢いで吠えています。

“猛犬に注意”という札が、魔除けのように貼ってあって、
4枚のうちの1枚には『犬にかまれても、一切責任は負いません』というメッセージ。
(こういう札、売ってるんですね・・苦笑)

といっても、飼い主さんは決して無責任な方ではありません。
この子は飼い主さんのお陰で命拾いした、もと捨て犬なんです。

ワンワンッ・ワンッ!!!ガリガリバリバリ!!!(←ベニア板をかじる音)
怖がって、だ~れも近づきません。

なにがこの子をそうさせるんですかね~。
ちょっと、泣いているみたいな顔をしています。
スポンサーサイト
金柑
2008.03.22 (19:00) 日々のたわごと

この週末父の家に遊びに行くと、庭の金柑の木がたわわに実をつけていました。

「毎日のように鳥が来て食べにくるよ」、と父。

よく見ると、つつかれている実もたくさんあります。

遊びに来ていた叔母が、

「 はやく収穫しないとみんな食べられちゃうよ」と言うと、父は

「金柑を食べるより、毎日飛んでくる鳥たちを見ている方がいい」

と言いました。

だけど、 叔母は金柑が大好き。

そこで・・・

半分だけ収穫して、あとは鳥たちのために残しておくことにしました。

08-3-22.jpg
うちも、少しだけお裾分けをもらってきました。
「大地に埋まって」------------------つづき
2008.03.18 (00:43) 思いつれづれ


以前、パーマカルチャーの実践者であり創始者の一人でもある
オーストラリアのビル・モリソンさんが来日した時に、
お話を伺いに行きました。

パーマカルチャーというのは、パーマネント(永久な)と
アグリカルチャ-(農業)・カルチャー(文化)を組み合わせた造語で、
“人間にとっての恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系”
と定義されています。

こんなふうに言ってしまうとなんだか難しそうですが、
要は、自然と調和しないと決して持続可能な文化を築くことはできないのだから、
どうしたらそうできるか、多面的に考えて、実践してみて、体系化した・・・
ということなのです。
もちろん、「とにかく田舎暮らしをしましょう!」などという短絡的なものではありません。

ビル・モリソンさんが来日したのは、結構寒い季節だったのですが、
終始裸足にサンダル履きという姿で、それがとても印象的でした。
いつでもどこでも、ほとんど裸足で過ごすという彼は、
足先にボロボロのビーチサンダルをひらひらさせながら、
「私は足の裏で大地とつながっている。足の裏を通じて、大地の様々な状況を感じ取るのだ」
と言っていました。
まるで、足の裏はとても感度のいいアンテナでありセンサーなのだよ、というように。

頭で考える前に、足の裏で感じ取る・・・
ビル・モリソンさんは、そういう生き方をしている人なのです。

生きとし生けるものはみんな、意識していなくともそんなふうに、
大地から何かを受け取っているのかもしれません。
受け取っているだけではなく、交感しているのかも。
とにかく、そのコネクションが弱まると生命力が低下してしまうのではないか
と私は思っています。

よく、土いじりをすると元気になると言いますよね。
土だけではなくて、川や海で泳いだり、森に入って草木に触れたり、
自然の中に身を置くだけでも、リフレッシュします。
野菜や果物など、新鮮な食べ物をいただくことは、
間接的に大地と繋がるということなのかもしれません。

首まですっぽり土に埋まったら、希薄になってしまった大地とのつながりを
大急ぎで取り戻すことができそうです。
そうしたら生命力が高まって、どんな病気もすっかり治ってしまいそう。

首まですっぽり・・というのはちょっと大変だけど、
裸足になって土の上を歩いてみるとか、
大きな樹に触ってみたり、 草の上に座ってみるとか・・・
そんなことでも、“つながり”を 取り戻せそうな気がします。
「大地に埋まって」------------------つづき
2008.03.15 (15:48) 思いつれづれ
今日は先日のコラムの続きを、と思っていたのですが、いきなり脱線。

朝、日めくりカレンダーをめくったら・・・

08-3-11.jpg

この子も病気の治療中??
それとも、巣作り??

不敵な笑いを浮かべているところを見ると、
埋蔵金を発見したとか?
大地に埋まって
2008.03.10 (00:02) 思いつれづれ
「大地に埋まって」------------------

先日、友人のJさんが“砂に埋まる”という治療法があると教えてくれました。

簡単にいってしまうと、砂に埋まってデトックス(毒素排泄)するという方法だそうで、
よく知られている“砂風呂 ”というのとはちょっとニュアンスが違います。

そんな話を聞いて、以前、知り合いの武術家であり気功師のS氏が、
年に一度山に入って土に埋まるのだと言っていたことを思い出しました。
それはやはり、身体に溜まった毒素を排泄するためで、
さらに、気も充実するのだと。

とにかく、人の手が一切入っておらず、農薬などの化学物質で汚染されていないことが、
埋まる場所の絶対条件なのだそうで、
そんな場所を探すだけでも一苦労だということでした。
そして、人が埋まった場所にはしばらくの間、草一本生えないのだとも言っていました。

そんな山奥に穴を掘って半日も首まですっぽり埋まっているなんて、
治療というより修行だよ・・・ と、俗人の私は目を白黒させて聞いていました。
私がもしも実践すれば、治療どころかそのままあの世行き、
首だけ出ているソクシンブツになってしまう・・・と
その時は悲惨なイメージばかりが浮かんでいたのですが、
私もその後ちょっとは修行したんですかね~(笑)
今では、ものすごく理にかなった方法だと思っています。


「動物の本能」------------------

それから数年後、クロッキーが乳腺炎を患った時のこと、
外に出たがるので庭に放したら、そこらじゅうに穴を掘って
その中にお腹を埋めていました。

そんなことをするのは、それが最初で最後。
その時は、炎症部分を冷やしているのかと思ったのですが、
冷やすだけなら、家の中の玄関のタイルでも、床でも、どこでもいいわけで、
やっぱり動物の本能で土を掘ったのではないかと思うのです。

土に埋まると、どんなことが起こるのでしょう?
デトックスといっても、多分物質的なものだけではないはず。
例えば、身体に溜まった静電気がアースされたりすることは、
もちろんあるでしょうけれど、それだけではないのでしょうね。。。つづく
まっすぐな雲?がいっぱい
2008.03.05 (15:09) 日々のたわごと
08-3-5.jpg

車窓からパチリ・・・まっすぐな雲?がいっぱい。
空を見ていると、あきません。
待たせている人がいなければ、渋滞でも全然平気。
(助手席の特権だけど・・・)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。