スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんな夏バテ・ムード
2013.08.29 (13:32) 日々のたわごと
散歩の途中で見かけた猫

表情からして、なんだかご機嫌ななめ?



猫「なんだよ」

私「いえべつに」

猫「何見てんのさ」

私「あの〜・・・」

猫「だからなんだよ」

私「大きなお世話かも知れませんが・・・」

猫「?」

私「舌をしまい忘れてますよ」



表情は変わらず・・・

猛暑続きでバテてたのかも。ちょっとおなかも大きかったし。

この日はいつも元気にワンワン吠えてるワンコもぐったりお昼寝中。

みんな夏バテ・ムードでした。
スポンサーサイト
幻灯アートで穏やかさを取り戻す
2013.08.24 (18:21) 店主Aのprecious
2.3日前まで気が遠くなるような暑さだったのに、
今日は朝から秋風が吹いています。

ゲリア豪雨ならぬ、ゲリア・オータムですね。

前の浜はもう人影もまばらですが、隣町では今日も花火大会。
なんだか、最近いろいろ変化が激しくて身も心も混乱しがち。

そんな中、友人から下の映像を紹介するメールが届きました。

Miwa Matreyek(ミワ・マトレイェク)という幻灯アートです。



夢と現実が交錯するような不思議な映像。

穏やかさを取り戻せるひとときです。
一年を無事に過ごせたという証し
2013.08.20 (18:36) 日々のたわごと
お盆休みの締めくくりは、毎年恒例の花火大会と、百八体流灯祭。
いつもは何もない静かな街なので、
この日が一年の節目のように感じられます。

このイベントのことを、このコラム欄に書き記すのは何回目でしょう・・・

まずはかがり火に灯がともされて、それが燃え尽きる頃に花火が始まります。

全部の行程で一時間もかかりません。

かがり火も一瞬。
花火も一瞬。
そして、去年のお祭りから今日までの1年間も、何故か一瞬。

365日もあったのに、 振り返れば一瞬です。

そう思うと、ふと何もかもが儚く感じられてくるのですが、
そんな気持ちを吹き飛ばすように、
かがり火は轟々と燃え盛り、花火は次から次へと夜空に大輪の花を咲かせておりました。

C1308-21a.jpg

C1308-21b.jpg

でもこれは、一年を無事に過ごせたという証しでもあるのです。
ペルセウス座流星群とイノシシ
2013.08.17 (16:27) 日々のたわごと
外出するのも命がけのような陽気が続いていますが、
みなさん無事にお過ごしでしょうか?

こんな言い方も大袈裟ではなくなってきてますねぇ。

夏休みのまっただ中、幸か不幸かお墓参りぐらいしか予定が入っていない私たち。
唯一、ペルセウス座流星群を楽しみにしていましたが、
極大日だった12日の夜は雲ってしまって、
流星どころか街灯りすらもぼやけてしまう状況でした。

13日の日中もずっと曇り空だったので、もうすっかりあきらめていたのですが、
14日未明、店主Bに「少し晴れてきたみたいだよ」と起こされて、
窓から空を仰いでみたら、雲の間にほんの少し星が見えました。

時刻は2時50分。
いつまた雲に覆われてしまうか分からないような、頼りない星空。

「これじゃあ、ちょっと難しいよ」と言ってしまいそうな自分・・・

だけど、ここで寝てしまえばそれでおしまい。

『流れ星は観られないかもしれないけれど、夜中のドライブもたまにはいいかも』
と思い直して、「とにかく行ってみようか」と車で裏山に登りました。

これまで何度か流星群を観察しているので、どんな場所が適しているのかは
だいたい分かっています。

なるべく光害が少なくて空が広いところを求めて、しばらく山道を走りました。

もしも上まで行って曇っていたら、「残念でした〜」でさっさと戻ってこよう・・・
などと考えながら走っていると、
くねくね道の途中で、思いがけずイノシシの親子に遭遇。
間近に停車して、しばし観察・・・
畑が荒らされたとか、人里まで降りて来たとか、よく噂は耳にするのですが、
こんなに身近で見たのは初めてです。
悪者扱いされることも多いのですが、こうして子供を連れて歩く姿を見ると、
彼らも必死に生きているのだということが、しみじみと伝わってきました。

さてさて、本命は流星群。
行く宛は決まっていませんが、直感に任せて車を走らせます。
行き着いた場所は何かの施設の駐車場で、既に山の頂上付近らしく、
空が大きく開けていました。

車を降りて夜空を仰ぐと、下界で見るよりもずっとたくさんの星が見えました。
けれども全体的にうっすらと雲に覆われています。
しばらく見ていましたが、流れ星は見えません。
だんだん首が痛くなって来て、『やっぱりむずかしいかな』と思った矢先、

大きな流れ星が一筋。

ちょっと離れたところにいた店主Bに
「見た〜?今の見た〜?」

「え〜っ!? 見えたの〜〜??」

「見えたよ〜きれいだったよ〜」

さっきまで何度もあきらめかけていたのに、そんなことはすっかり忘れて、
本気モードにスイッチ・オン。
地面にブルーシートを敷き、そこに横になって改めて空を見上げました。

山の上の空気は、ひんやりとしていました。
宇宙までの距離からすれば大したことはないのでしょうが、
平地で見るよりも、星が近くに感じられます。

真っ暗な駐車場に寝転がりながら、思い出話をポロポロ。
子供の頃に見た大きな流れ星のこと、
初めて流星群を観に行った時のこと。

その間に流れ星がひとつ、ふたつ・・・

しばらくすると、見る見るうちに雲が広がって来て、
夜空を覆い尽くしてしまいました。

けれどもその雲の動きも、とても面白く感じられました。

観えた流れ星はほんの数個でしたが、あきらめずに出て行ってよかったと思います。
観察できたのは、流れ星だけではありませんでした。

イノシシ、山の冷たい空気、流れる雲、見下ろす夜景、
一か八かで車を走らせる自分たち・・・しかも直感で。

馬鹿げてるけど、きっと忘れられない、
いい思い出が、一つ増えました。
へとへとでも大丈夫
2013.08.09 (14:26) 店主Aのprecious
前回「へとへとです」と書いたら、ご心配をいただいてしまいました。
お気遣いをいただいてしまい、恐縮しています。

けれども、もう大丈夫です。
そもそもどんな仕事にだって、乗り越えなければならないことはありますよね。

プログラムがうまくいかなかった時は、こんな映像を見てストレス解消してました。



これ見ただけで一日がんばれましたから、
実際はたいしたストレスではないんですよね。笑
いまだに悟りは開けません
2013.08.03 (23:01) 日々のたわごと
私は今ヘトヘトです。
先月はずっと、htmlやらcssやらjavescriptやらといった、
プログラムと格闘しておりました。

デジタル革命なんてものが起きる以前は、
絵の具やらペンやらものさしやらで仕事をしていましたが、
今ではほとんどパソコン操作のみ。
ホームページ関連の仕事を依頼されれば、
先述のプログラムを避けて通ることはできません。

線を引くにも、色を塗るにも、ひたすらプログラムを打ち込む作業が続き、
目は疲れ、肩はこり、おなかは太くなりました。(あきらかに)

「.」ひとつ足りなくても、順序が一つ違っても、
思い通りにレイアウトできなかったり、動作しなかったりします。

私はもともとアバウトで、大ざっぱで、
だいたいでOK!な人間です。(誰か『おおらか』って言い換えて〜)
「.」がひとつぐらい足りなくても、何かの順序が一つぐらい違っても、
いちいちとやかく言ったりしません。
そういうところはおおらかに捉えて、大きな目で見守ります。(なんのこっちゃ)

プログラムなんて、本当はそんな私が踏み込んではいけない世界なのです。

一応、うまくいかないプログラムに向かって語りかけました。

「そのへんは空気を読んでおくれよ」 (ムリムリ)

「ざっくり捉えてくれればいいんだよな〜」 (イミフメイ)

「神経質すぎると疲れちゃうよ」 (ナンダソレ)

話しは一向に通じません。
それでも、仕事ですから放り投げるわけにはいかないのです。

これはもう、修行と思ってひたすらがんばりました。

・・・けれども、いまだに悟りは開けません。
眼精疲労で、現世が見えずらくなるばかりです。
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。